本文へスキップ

越中屋は、葛飾区の美味しいお米の専門店です。

クレジットカード

電話でのお問い合わせはTEL.03-3697-5411

〒124-0012 東京都葛飾区立石1-8-16

茨城県筑西市大島農場 百笑米こしひかり 玄米1kg

玄米お求め頂きサービスで分搗き(5分・7分等)白米に精米致します。  

※玄米から白米に精米すると1割程糠として減ります。ご了承下さいませ。
 (例:玄米5kg⇒白米4.5kg位 玄米5kg⇒7分搗き4.7kg位)

 大島農場有機栽培こしひかり玄米1kg
大島農場集合写真
大島農場のスタッフたちが、日々考えていることは美味しい米づくりのために何が出来るかということです。
圃場の土壌改良に取り組み水温の変化に目を凝らし、風の流れや日照時間などの気象環境を把握して稲の生育を毎日見守るー時には米づくりの常識に捕らわれない独自の栽培方法も取り入れてきました。
大嶋康司が提唱する、創造性をもって米づくりに取り組むという農場運営は、「百笑米」という豊かな食味の美味しい米という形に結実しています。(大島農場パンフレットより引用) 

春の訪れを待って   田起こしが始まる
収穫後から冬に続けてきた土づくりを終えた田圃に水を張って、丁寧に田お越しを行い田植えに準備が始まります。
田の隅々まで土をならして、稲の生育にバラつきが出ないように気を配りながら行います。水温む時期の大切な作業です。

種籾一粒一粒に      願いを込めて
春を迎え筑波山が笑う季節に種籾を発芽させて苗づくりの準備を始めます。育苗に必要な苗床づくりには」、私たちならではの独自の工夫を重ねた取り組みがあり、自信の持てる美味しい米づくりには必要不可欠なものだと考えています。
プール育苗ハウスは           蛙がノンビリ
育苗用ハウスの中に設けた苗床に水を張って発育させるプール育苗を行っています。水を張り発育に必要な環境を安定させる一方で、苗床当たりの発育本数を通常の3分の1にに抑え、強い苗を育成しています。苗床の間の蛙も気持ちよさそうです。
筑波山に見守られて           田植えが続く
田の水鏡の筑波山を追うように田植えが行われます。丈夫で良い稲づくりに必要な風通しの良い、太陽の光が十分に与えられる環境を確保します。苗と苗の間隔を広く取り坪当たり37株を基本に苗を植えていきます。角地などの田植えは手作業で行います。
稲に沖縄産「雪塩」と      蜂蜜・鰹節エキスも
時期を見て田に沖縄産「雪塩」や国産蜂蜜を散布します。美味しい米づくりを追求する中で、ミネラル豊かな天然塩や光合成促進が期待できる蜂蜜などが、米の旨味向上につながると考え実施しているほか]、農場ならではの様々な取り組みを続けています。
 
 
田の草取りも 丁寧に手作業で
稲の生育を妨げる稗や草などが、どうしても田に生えてしまいます。除草剤に頼らない米づくりのために、米糠を散布して稲以外の成長を抑えて稲の生育を守ります。それだけでは不十分なので圃場を巡回して、手作業で一本一本取り除きます。
 
稲刈りが忙しい      黄金色の日々
ようやく秋風が立ち始める残暑な中で、待ちに待った刈り取りが始まります。農場のスタッフ全員の笑顔が輝く時です。私たちの田には虫や小動物も共生しているので、この時期には鷲なども飛来します。美しく輝く農場との出会いは素晴らしいものです。
 
 
大島農場有機栽培こしひかり玄米1kg
¥765-(税込)

shop info店舗情報

越中屋

〒124-0012
東京都葛飾区立石1-8-16
TEL.03-3697-5411
FAX.03-3697-5411